2014年01月25日

次女もスキー大会で2位!


わが家では、今年に入って3枚目の賞状です!

長女はインターハイ予選でまずまずの手応えがあったわけですが、今回は次女が中学生になっての初レースでした。

東京都の大会にはまったく不慣れな私は、長女の同級生パパの協力で、イチ押しのレースに出場させることにしました。

スキー場は長野県、家族5人の車での移動は大変です。
おまけに大会2日目は英検なので、土曜にまた移動しなければなりません。
こんな鬼スケジュールを強行してしまいました!

まず、民宿の朝食で宿泊者の顔ぶれを見てびっくり。
昨年まで新潟県でご一緒していた千葉県連の熟年レーサーたちが、練習に来ていました(笑)。
私の気持ちがいっきに知らない人ばかりの都連の大会であることを忘れ和みました。

次女は長女と一緒に冬休みはレーシングキャンプに通い、大会のインスペクションやフリー滑走も一緒にしていたようです。

私もせっかく長野のスキー場に来たので、山頂までリフトで上がってみました。
ホームゲレンデと比べて硬くてビックリするほどの急斜面で、迂回コースに逃げようかとひるみましたが、滑り降りると意外に気持ちよく、いつもより高速でも雪面コンタクトをきちんと感じながら麓まで着きました。
いつになくロングコースだったこともあり、腿がパンパンになりました(笑)

地元のジュニアレーサーもビュンビュン練習していて、雪国の子はこういうところを毎日滑っているんだなーと思いました。

アルペンスキーの大回転は、1分程度の競技時間を競います。
きょうは1本勝負だったので、その1分のためにレーサーたちは往復8時間以上の移動をしてくるわけです。

来月のオリンピックではなおさら、世界中から往復何十時間もかけて、選手たちが奇跡を見せてくれるのだと思います。

 いつもご投票ありがとうございます!!
posted by Sachi 平山 at 20:48| HEALTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする