2014年11月25日

終章 ミッション



「今日からできるミリオネアマインド」
をテーマに書きなぐってみました(笑)

私はとても飽きっぽい性格なので、長期的に何かを仕上げるとかムリです。

それでも次世代に何かを伝える、繋げることで、私よりもっとハッピーになってもらえるなら嬉しいことです。
港区の経営者たちには、私より後に生まれてきたのに残念な人もたくさん見て来たからです。

たった3つの習慣ですが、その3つだったからこそ私でもできたのかもしれません。

これからも素敵な経営者たちが誕生していきますように!

今年も港区の経営者たちとの忘年会を予定しています。
12/22 GLOBALワイン望年会 in TOKYO



posted by Sachi 平山 at 22:10| 港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3/3章 物にまつわる習慣



ビジネスに関するお話なので、なんとなく「ヒト、モノ、カネ」で組み立ててみました。

物にまつわる習慣も、当たり前すぎることなんでガッカリされるかもしれません。

「大切にする」
ということになりますが、これもまたどういうわけか、たくさんになってくると煩雑になるのです。

災害で(会社の)資産を失うってこと、あるじゃないですか。

ではどうやって大切にするかっていうと、保守、保険、見直しを習慣づけることですよね。

こういうことも、少ないうちから習慣にしておかないと、グダグダになっちゃうのです。

簡単なことですが、それでも経営者でいられない人って結構いるのですよ。

今年も港区の経営者たちとの忘年会を予定しています。
12/22 GLOBALワイン望年会 in TOKYO

posted by Sachi 平山 at 21:51| 港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2/3章 人にまつわる習慣


ここは、ワークライフバランスも含め、とても大切な習慣と思います。

金銭トラブル、お金で人が変わってしまう事件もたくさんあります。

あまりにお金をたくさん持ってしまうと、それを運んできてくれた人たちの顔が見えにくくなってしまうからだと思います。

ビジネスにおいて敵を作ることは、致命的だと思います。

だけれども、敵を作らないということもとても難しいです。

成功する経営者に共通していることは、ここでもただ一つ
「協力者と味方を増やす」

逆に、敵からは離れる必要もあると思います。
ただし、クレーム対応などによっては、味方に引き戻せる可能性もあります。

セクハラ、パワハラなどで女性や部下を泣かせるようでは勤まりません。
もちろん、恋人や家族に対しても。

いかがですか、経営者になれそうですか。

今年も港区の経営者たちとの忘年会を予定しています。
12/22 GLOBALワイン望年会 in TOKYO
posted by Sachi 平山 at 21:29| 港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1/3章 お金にまつわる習慣


お金持ちの習慣というのは、いたってシンプルです。

当たり前のことばかりなのです。
でも、お金持ちになってしまうと、当たり前だったことがおろそかになってしまうのですね。
そうして、恋人や家族、スタッフから見放されてしまうのです。

お金に対するマインドは、あらゆるセミナーや本などで語り尽くされていることなので、私がここで改めて書くことはそれほどありません。

成功する経営者に共通していることは、ただ一つ
「与え上手」
だと思います。

これは今からやっておくべき習慣です。
缶コーヒーをおごるようなことから始めるべきです。

お金を受け取るためには、今持っているものを手放さないといけません。
たくさん受け止めたいならなおさらです。

おごる相手: (友達、家族、)顧客、社員、業者
タイミング: 感謝、お詫び、相談


自分の投げ方がうまくなると、おごられ上手になるのです。

いろいろな形で言い古されたことですが、この習慣のない経営者は、私の周りにはいません。
また、これができなくて失敗する経営者もよく見かけるのです。

今年も港区の経営者たちとの忘年会を予定しています。
12/22 GLOBALワイン望年会 in TOKYO
posted by Sachi 平山 at 21:06| 港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

序章 私が見てきたお金持ちの話


私が「港区の大家さん」として、実家の不動産運用会社を継承し、代表に就任してから7年が経ちました。

代表就任前、30歳の出産を機に、実家の会社を手伝ってきていました。

港区は六本木ヒルズや東京ミッドタウンなどを中心にたくさんの経営者が集まり、お金目当ての独身女子に紛れてパーティーばかり行っていた時期もあります(笑)

彼らはアラサーで、だいたいベンチャー企業の経営者や個人事業主が多く、ヒルズ族デビューを果たしたというようなことでしょうか。
1年もしないで消えてしまう人もたくさんいます。

うまくいかない理由は、ミリオネアマインドを持っていないことだと思うのです。

上だけを見てひたすら登っている時は、自分が何を積み上げてそこにたどり着いたのかがわからないのです。
そこからもっと上を目指すならば、これまでのサポーターはもちろん、それ以上にサポーターやファンをつけなければいけません。

お金持ちから失敗する人たちは、これまでのサポーターが、これからもサポーターでいてくれるという慢心があります。
それは、恋人や家族に対しても持つことがあります。
創業スタッフに裏切られるのもこの状況です。

お金を増やす楽しさというのはきりがなく、どこまで登ってももっと上を目指したくなるものです。
ここまで来れたのは自分の力だけだと思った時に、足下をすくわれるのです。

港区で経営者を続けている人たちは、ある同じことをしています。
これから経営者になる大切な人たちのために、こんな記事を書いていこうと思います。

そんな経営者たちとの忘年会も予定しています。
12/22 GLOBALワイン望年会 in TOKYO
posted by Sachi 平山 at 19:04| 港区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。