2013年12月19日

天才音楽家への近道

次女が4才のころ、私はアメリカのペースメソッドを知り、衝撃を受けた。
ペースメソッドというのは、アメリカのロバート・ペース名誉教授が、ロシアのピアニストよりコンクールで上位になるために研究開発されたカリキュラムであり、0歳児から誰もが確実に音楽をマスターしていける内容になっている。

ピアニストというと「のだめカンタービレ」という漫画があったけれども、あの漫画に出て来る日本の音楽の先生たちは、「厳しい」「優しい」という人柄の違いはあったけれども、音大の先生であっても、その指導内容に「戦略」が見られないのだ。

のだめちゃんのように、効果の出ない長時間の反復練習に苦しんで来た音楽家のママたちが、ペースメソッドに飛びつくのは当然のことである。
つぎに、「わが子にピアノぐらいは弾けるようにさせたいな」というママたちの関心も高い。

今日は目黒クラスのオープンクラスが開催された。
1年ほどの学習だが、それぞれクリスマスソングなどをいろいろな表現力で発表していた。

子供たちが素晴らしく上達しているのに、ママたちはわが子の成長というよりも「プロのピアニストまで遠く及ばない」という捉え方をしていることが多い。

私の音楽クラスでは、現在2名のママたちが、音大卒でもないのにペースメソッドの講師をしている。

お子さんと一緒にママも音楽を習って、先生になりませんか?
お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム)http://form1.fc2.com/form/?id=776221




今週末は、ママ友の寺本スガコさんによるクリスマスパーティーが開催されます。
詳細・お申し込み:http://blog.oricon.co.jp/mamabatokyo/archive/108/0
お会いするのを楽しみにしています!

 いつもご投票ありがとうございます!!
posted by Sachi 平山 at 21:40| ペースメソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする